蟹の特徴

蟹の特徴のページを説明

かに・蟹・カニでは、かにの旨さとの食べ方などを説明しています
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

かに・蟹・カニにようこそ!

カニを食べなれた人がカニを食べても更においしいと思えるもの。 こだわりのカニの味を求め、産地まで出向いてカニの味を確め、 直接交渉し、そしてカニの産地から直接お送りします!


■当サイトのカテゴリ
かに/ /

北海道に住む私たちは、 北海道のカニの味にこだわりがあります。


■当サイトの目次

北海道のカニ

北海道の中でも厳選された味を追及し、 北海道の人が食べても 「これはうまいっ!」 と納得できなければダメなんです。^^;


毛がに

毛がには他のカニとちょっと感じが違います・・毛がにが好きな人にはたまりません^^;


かにしゃぶ

カニシャブは冬の鍋物において王様ではないでしょうか?あのプリプリを一口食べるともう・・たまりません^^;


カニすき

「安いけど、スカスカだった・・・。」 そんな経験してませんか? 商社の日本人スタッフが4カ月間ロシア船に同乗し、 その場で身入りをチェック。 合格したカニしか使ってません。^^;


蟹の特徴

大部分が頭胸部からなる体は、背面全体が堅いキチン質背甲(甲羅)で覆われる。背甲の前縁から一対の柄の着いた複眼が突き出す。複眼は、甲羅前縁の溝に倒して収納することができる。第一触角は短く糸状、第二触角も短いが、前に突き出して上に折れ、先端に小さな二枝をもつ。口器は第二顎脚に包まれるように収納されている。

5対10本の歩脚の内、第1歩脚は頑丈な鋏脚(はさみ)に変化している。これは餌を摑んだり敵を威嚇したりするのに用いるが、鋏はもっぱら防御用に使い、デトリタスなどを食べる種類もある。シオマネキオスでは片方の鋏が巨大化するが、大きな鋏は求愛行動のみに使い、採食にはもう片方の小さな鋏を用いる。

他の4対の歩脚には鋏はなく、移動に使われるが、ヘイケガニやカイカムリなどは後ろ2対の歩脚が小さく鉤状になっていて、これで海綿や貝殻を背負って身を隠す。また、ガザミキンセンガニなどは歩脚が鰭状に変化しており、素早く水をかいて泳ぐ事も出来る。カニといえば横歩きする事で知られるが、タカアシガニミナミコメツキガニ、マメコブシガニなど前後に歩くカニもいる。活発なものでは、陸上でも体を持ち上げて素早く走ることができる。

呼吸は体内のえらで行う為、生存には水が不可欠である。陸上生活にある程度適応したアカテガニやオカガニ類等も、たまに水分補給をする必要がある。たまに泡を出すことがある。陸上のカニが泡を出すのはたまに水分補給した限られた水を繰り返し使っているうちに水分が蒸発したり鰓の粘膜成分が混じったりしてだんだん粘着性が出てそれが空気と混じって泡となる。ちなみに水中に棲むカニは、泡をふかない。

エビと違って腹部の筋肉は発達せず、アサヒガニ等一部の分類群を除いて腹部は頭胸甲の下側に折り畳まれる。その形状から、ふんどしと呼ばれる。オスの腹部は幅が狭く、1対の交尾器があるが、メスの腹部は抱卵する為に幅が広く、卵を保持する為の腹脚が長く発達している。

SponsoredLink

| かに

かに・蟹・カニの蟹の特徴のリンクについて

かに・蟹・カニの蟹の特徴のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]かにが食べたいぃ〜!!

かに・蟹・カニのTOPへ
"蟹の特徴"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。